東京オリンピックと自由視点映像、顔パス、水素エネルギー、そして音声翻訳システム


後5年後の2020年に開催される東京オリンピックに向けて日本の技術の粋が結集しようとしています。

50年前に開催された東京五輪では、海に浮かぶ首都高速道路が生まれ、夢の超特急・東海道新幹線が開通しましたが2020年に開催される東京オリンピックではどんな技術が出てくるでしょうか?


まず、メインスタジアムは、日本の技術が結集する新しいスタジアムに生まれ変わりますが、メインスタジアムで行われる競技等の映像を好きな角度から見ることができるようになります。

これは、筑波大学准教授・北原格先生研究のスポーツ中継を、視聴者が自由に視点を移動させながら観戦するシステム『自由視点映像』によるものです。

『自由視点映像』により、映像メディア鑑賞時の自分だけの『特定のシーンが見たい』という願望が実現されます。

選手の入場行進で旗手だけを見たいとか、徒競走でスタートのタイミングが見たい、自分の好きな選手だけを見ていたいとか・・・。


NEC玉川事業所ではより“顔パス”できる技術の開発が開発リーダーの今岡仁らによって進んでいます。年齢などが変わっても変化しにくい顔の特徴で人を見分けるという脳の機能を取り入れた。


鉄道と道路も大きく変化します。鉄道は羽田空港から新線が臨海部などに直結し、道路では環状2号線の建設やバスを基盤とした大量輸送システムである連結式の専用バス・BRT(バス・ラピッド・トランジット)の導入などが進みます。


そして、水素エネルギーの活用が本格化します。

九州大学伊都キャンパス、通称『水素キャンパス』では、佐々木一成教授が水素を活用したこのキャンパスで未来の社会がどう変わるかの研究が行われています。
水素スタンドを備え、水素エネルギーを使い給湯や発電を行っています。


セブンイレブンジャパンと岩谷産業が、燃料電池車(FCV)に燃料を供給する「水素ステーション併設のコンビニ」を2015年秋から出店すると発表しましたね。

まずは、東京都と愛知県刈谷市に1店ずつ出し、17年度までに大阪や福岡も含めた大都市圏を中心に20店に増やすという計画のようです。

東京オリンピックが開催される2020年には本格的な水素社会になっているかも知れません。


また、他にも、誰でもどこの国の人とも話せるよう、音声翻訳システムの開発がNICTユニバーサルコミュニケーション研究所・隅田英一郎らによって進んでいます。

何やら、オリンピック参加国・地域のすべての言語の翻訳を目指しているとか・・・。


いずれにしろ、2020年に開催される東京オリンピックを契機に日本が大きく変わることは間違いないでしょう。

究極のランニングシューズか至高のランニングシューズか?



夢の扉ネクストドアプラス(+)

今回は、坂口 憲二氏をナレーターに迎えて、

日本のトップアスリートの活躍を陰で支える、アスリート用オ−ダーメイド靴職人、アシックス スポーツ工学研究所・田崎公也さんのドキュメンタリーです。


田崎さんは学生時代やり投げの選手で、自分が使いやすい靴を探すうちにすっかり靴の魅力に取りつかれアシックスに入社、名門シューズ工房で活動を始めます。


2000年のシドニー・オリンピック優勝の女子マラソンの高橋尚子さん、2004年アテネ・オリンピック優勝の野口みずき選手らの特注シューズを手掛けてきたのが、『アシックスの名工』と名高い三村仁司さん。

田崎さんは、定年退職した三村さんの後を受け継いでシューズ工房の中心となって動いています。



世界を相手に戦うトップアスリートのために選手の能力を極限まで引き出す完全オーダーメイドの競技シューズを作るのですが、その靴は最新テクノロジーと熟練した職人の技の融合によって出来上がります。


スーパースローカメラを使用してトップアスリートの走りをデジタル的に記録し、ハイテクのデータ解析を行い、


その解析を貴重な情報として、

後は職人技で足型のアナログ計測をし、靴の生地の選択、ウォータージェットなどの機械によって精密に裁断された生地を縫いあわせていき、完全オーダーメイドの競技シューズを作りあげます。



北海道ハイテクACに所属するスプリンター福島 千里選手、専門は短距離で、北京オリンピック日本代表であり、女子100m、200mの日本記録保持者ですが、彼女の競技シューズも田崎さんが手がけています。


アスリートにとって必要なのは究極のシューズかそれとも至高のシューズか?


陸上に限らず日本選手は本番でなかなか自分の本来の力を発揮出来ません。
国際大会ではまだまだ精神的な弱さを克服出来ずにいるようです。


完全オーダーメイドのランニングシューズは選手に安心感を与えるものとしては最高です。

でも、

『どんな靴でもOK』というわけにもいかないと思いますが、「自分に合った究極の靴がなくても平気」という選手が出てきて欲しいものです。


1960第17回ローマ大会にて裸足で47.195キロメートルを駆け抜け見事優勝した、エチオピア皇帝の護衛兵アベベ・ビキラのように・・・


最近評判の五本指のランニングシューズ、
アベベの走りを少しでも体感出来るかも知れません。
『五本指のランニングシューズ』あなたにとって至高の靴になるかも・・・?

楽天人気激安★2011新デザイン★優雅/空気を通す・乾かしやすい・気持ちがよい〜【送料無料】/5...






全盲走者の全力疾走を手助けする伴走者、塩家吹雪さん。

夢の扉〜NEXT DOOR〜、

今回は、目に障害を持つランナーの伴走者として活動する、AC KITA陸上クラブの塩家吹雪さんのドキュメンタリーです。


塩家吹雪さんは、今、伴奏者として、100m走で安藤千明さんと共にパラリンピックを目指しています。

安藤千明さんは、進行性の視覚障害で18歳の時に完全に失明しました。


もともと走ることが大好きだった安藤千明さん、目が見えなくなったことで走ることをあきらめていましたが、

『もう一度全力で走りたい!!』の想いで、一年前に塩家さんに伴奏を依頼します。

伴走者として、パラリンピックや世界陸上の出場を目指して活動してきた塩家さんと出会い、千明さんは、今、全盲女子100m走で、パラリンピックを目指せる所まで来ています。


当初、二人の目的は2012年に開催されるロンドンパラリンピック出場でしたが、千明さんが五ヶ月で日本新を出すなど、目覚ましい進歩を見せていますので、急遽北京オリンピック出場を目指す事にします。

というので、北京へ向けた二人の挑戦の模様が描かれているんですが・・・


番組の中では、『風を切って走る』や、『走る喜び』、『全力疾走』という言葉があふれていて、

「そういえば最近全力で走っていないなー」と改めて思わされました。


『全力で走る恐怖』を乗り越えて、走者が自分のもてる力を存分に発揮できるのは、走者の千明さんと、伴奏者の塩家さんの間に強い信頼関係があるからですね。

走者と伴奏者を繋いでいるのは一本の細い紐です。それをお互いの指に巻いて走ります。その紐の呼び名は、『絆』。

やはり走者と伴奏者は強い絆で結ばれているんですね。


安藤千明さんは、女子100走全盲クラス日本一です。その記録は14秒75。

でも、この記録14秒75では、女子100走、全盲クラスでパラリンピックに出場する事は出来ません。

なぜなら、女子100走全盲クラスでのパラリンピック出場最低タイムは、14秒05。


約五ヶ月間、14秒05という記録を目指し二人は厳しい・懸命の努力を続けます。


全盲の走者と伴奏者が共に走るのに一番難しいのは、

『どれだけ二人の動きをシンクロさせることが出来るか?』ということです。

走者と伴奏者の完全なシンクロ(特に腕の振り)があってこそ、走者がその実力を全て発揮できます。


伴奏者は、走者の持てる力を全て出し切って走ってもらうために、『両者の完全なるシンクロ』を目指します。

そのため、伴奏者は常に走者の方を向いて走るわけですが、このシンクロさせるための走りが、伴奏者の身体に余計な負担を与えることになります。

マラソンの伴奏者もそうでしょうが、特に短距離の伴奏者の身体への負担は相当きついものがあるようですね。

『走者の喜びが自分の喜び』。 そんな次元まで達しないと、生半可に伴奏者は出来ないと思わされました。


さて、北京パラリンピック出場最低タイム14秒05を目指し、五ヶ月間懸命に厳しい練習を続けてきた二人ですが、その結果は・・・

見事、14秒05をきりました。そのタイムは、13秒94。

パラリンピック出場最低タイム14秒05を見事クリア。  

しかも13秒台を叩きだした二人は本当に嬉しそうでしたね。心からの笑顔が素晴らしいです。


しかし、二人に厳しい現実が待ち受けていました。

実は、パラリンピックには8種目しか出場できないそうです。  

60種目中の8種目。

他の種目が優先され、残念ながら女子100走全盲クラスの安藤・塩家ペアは出場できないことに。

『女子100走全盲クラスの、世界での戦いが12台に突入している』 というのが一つの理由らしいですね。


いやー、意外な結果が待っていましたね。 『やっと望みが叶った』と思った二人は、本当に残念でしょう。


でも、安藤千明選手、既に気持ちを切り替えています。

「安藤と塩家を選ばなかったことを後悔させてやる!!」 みたいな事を言って意気込んでいましたので・・・

『ロンドンのパラリンピック出場』 の夢へ向けて二人の新たな挑戦が始まります。


今回の、夢の扉〜NEXT DOOR〜を見て、改めて伴走者について考えさせられました。

マラソンでの伴走の様子は、テレビ報道などで見たことがありますが、伴奏者には人知れない苦労も多いんですね。

特に短距離の伴走は難しいんではないでしょうか。

でも、走者と伴奏者が、お互いの気持ちと動きを完全にシンクロさせて走ることが出来れば、その達成感は凄いものがあるでしょうね。

達成感も2倍。満足感も2倍。

普通では味わう事が出来ない喜びがあるように感じました。


      
      【塩家吹雪さんのマイゴール】

     『障害者に走る喜びを伝えたい。』


   【夢の扉〜NEXT DOOR〜2008年5月4日放送】

   『目の不自由な人にも走る喜びを与えて行きたい』
 
    塩家吹雪      ナビゲーター:大櫛エリカ



━━━━━━━━━━━━━

パラリンピックとは、国際パラリンピック委員(International Paralympic Committee、略称IPC)が主催する身体障害者を対象とした世界最高峰のスポーツ競技大会。

オリンピックと同じ年に同じ場所で開催される。2004年のアテネ大会から夏季オリンピックと共同の開催組織委員会が運営する。

戦争で負傷した兵士たちのリハビリとして「手術よりスポーツを」の理念で始まった。

もともと、IOCとは全く関係がなく、オリンピックとは開催地が異なっていたが、ソウルオリンピック以後、オリンピック開催後に同じ場所でパラリンピックを開催することが義務付けられるようになった。

━━━━━━━━━━━━━

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用。


フィギュアスケートの名コーチ、ニコライ・モロゾフさん。

夢の扉〜NEXT DOOR〜、今回はフィギュアスケートのコーチ、ニコライ・モロゾフさんのドキュメンタリーです。


トリノ五輪のフィギュアスケート女子で、荒川静香選手を金に導いたコーチ。

今現在は、世界チャンピオンの安藤美姫選手と高橋大輔選手のコーチをしているのが、ニコライ・モロゾフさん。

熱血指導で知られるモロゾフ氏、その指導法は『モロゾフ法』という彼独特のもの。

ニコライ・モロゾフ氏は、コーチ兼振付師だそうで、これはフィギュアスケートの世界では相当珍しいことでもあるようです。


振付師だから出来るモロゾフ法と言われる指導法。

それは、『自ら手本を見せる』というもの。つまり、『目で見せて覚えさせる』というものですね。


    【ニコライ・モロゾフさんの印象的な言葉】

「彼らがスケートがうまくなるためなら何でもする。私に人生をゆだねていてくれるんだから・・・」

「自分の人生をなげうって選手に尽くす事が一番大切」


荒川静香さんを初め、高橋大輔さん、安藤美姫さんと言う具合に、ニコライ・モロゾフさんのコーチを受けてからスケーティング技術が一段とアップしみんないい結果がでています。

高橋大輔さんの『世界一のステップ』もモロゾフコーチの指導を受けてからのものだそうです。

又、安藤美姫さん。14才の時に世界で始めて成功させ、未だ彼女以外成功していない4回転ジャンプ。

トリノオリンピックで失敗して以来封印してきた4回転ジャンプ。

安藤美姫さんに今、その4回転ジャンプに改めて挑戦させようとしているのがモロゾフコーチです。


どんなスポーツでもコーチという存在は大きいと思いますが、
特にフィギュアスケートの世界では、コーチと選手には特別な関係があるようですね。

「自分の力量をどれだけ引き出してくれるか?」という意味では、コーチ選びというのは相当大事な事なんですね。

浅田真央選手が今までのコーチを解任したという報道が最近ありましたが、コーチ選びの大事さという点でも、次のコーチは誰になるのか非常に興味が湧いてきますね。


今や世界最高レベルにあるといわれる日本のフィギュアスケート。お互いが切磋琢磨して素晴らしい演技を見せ、良い成績を収めて欲しいものです。


    夢の扉〜NEXT DOOR〜2008年3月2日放送

    『日本の子供たちの可能性を広げて行きたい』
 
  ニコライ・モロゾフ    ナビゲーター:出水麻衣アナ


    【ニコライ・モロゾフさんのマイゴール】

『私の教え子全ての才能を開花させ幸せにしたい。さらに、安藤と高橋にバンクーバーオリンピックで素晴らしい演技をさせたい。』
Powered by さくらのブログ
Web Analytics