宇宙から漁場を予測する『魚予報』開発に奮闘する齊藤誠一さん



夢の扉プラス、今回は、

宇宙から漁場を予測する『魚予報』開発に奮闘する、

北海道大学大学院 教授の齊藤誠一さんを取り上げています。



齊藤さんは、漁師の経験と勘が頼りだった漁業に革命を起こそうと、

IT技術でスマート水産業を目指しています。



気候変動による不漁や、燃料費の高騰などにより厳しい状況が続く漁業。

不漁は、漁師の生活だけでなく食卓に並ぶ魚にも影響を及ぼします。



齊藤誠一さんの『魚予報』は、宇宙から魚の居場所を探すシステムです。


衛星から送られる水温や潮流、植物プランクトンなどの海洋デー タをもとに解析し、

過去の漁獲高と照らし合わせて漁場を予測します。


なんと、3日先の漁場まで予測可能だといいます。



北斎藤さんは青森県八戸市でアカイカの不漁を解決するため、予測システムの開発に励みました。



斎藤さんの開発により、

大量のアカイカをとることに成功し、燃料費の削減もすることができ、大成功を収めました。



漁場予測システム開発は、途中、出資企業の撤退などもあり困難を極めましたが、ようやく日の目を見る日が来たようです。



Powered by さくらのブログ
Web Analytics