、『現代版・板倉構法』を考案した安藤邦廣さん



夢の扉プラス、今回は、『現代版・板倉構法』を考案したのが、筑波大学 名誉教授の安藤邦廣さんを取り上げていますす。




伊勢神宮や正倉院の一部にも使われている伝統の建築技術の「板倉造り」と、現代の技術を融合させて、

『現代版・板倉構法』を考案したのが、筑波大学 名誉教授の安藤邦廣さんです。



「板倉造り」は、1000年以上もの間熱や湿気から大切な宝物を守ってきた伝統の木造建築技術です。


“家造りはふるさと作り”と考え、老朽化した古民家の再生も手掛けていた安藤邦廣さん。

古民家には、驚くべき知恵が込められていました。


梁はねじれているが、乾燥するとより頑丈な構造になる構法や、茅葺き屋根にあえて草を生やし根っこで家を頑丈にする『芝棟」などの技術です。



安藤さんは、断熱材や合板などを使用せず、ほぼ木材のみで作り上げます。

木材の持つ優れた断熱性、調湿性に加えて、その特性をいかして、震度7以上にも耐える耐震性と防火構造をも実現しました。



「板倉造り」では、厚さ2寸【6センチ)の板が使われていますが、1本のスギで厚さ6センチの板を取るのは難しく、3センチという合理的な厚さを導き出し,

横板の上に立板を組み合わせる『二枚張り』の工法を生み出します。


南三陸町での現代版・板倉構法造りの食堂が完成、まもなく開業する予定です。



Powered by さくらのブログ
Web Analytics