気象庁が2014年度から導入を決めている気象レーダ『フェーズドアレイレーダ』



気象庁が2014年度から導入を決めている気象レーダがあります。

それは、大阪大学大学院 工学研究科 准教授/牛尾知雄さんが開発した『フェーズドアレイレーダ』です。



従来の気象レーダは、竜巻をもたらす積乱雲を観測するのに5分程かかっていた為、

『気象庁が発表する「竜巻注意情報」の適中率は、10%にも満たない』と酷評されていました。



『フェーズドアレイレーダ』は、

降雨の構造を、3次元(3D)で観測できる高性能次世代レーダで、雨雲をリアルタイムで捉えることができ、積乱雲の発達の過程も、約10〜30秒間隔で観測可能です。



竜巻やゲリラ豪雨などの突発的な気象災害の監視や、予知・予測に役立つと、大いに期待されています。



Powered by さくらのブログ
Web Analytics