人工知能搭載で飛行機事故はゼロになるのか



夢の扉プラス、今回は、『熟練パイロットの“技”を持つ人工知能』で絶対に墜落しない飛行機を作ろう』と奮闘している、東京大学大学院 教授・鈴木真二さんを取り上げています。


鈴木真二さんは、パイロットをサポートする最強の人工知能で、『絶対落ちない飛行機』開発を目指しています。

ベテランパイロットの操縦テクニックを科学的に解析し、人工知能に取り込んで、飛行機に搭載し、

飛行機に何らかの異常や故障が発生したとき、それを自動的に検知して操縦を支え、事故を回避しようとしています。


これまでも、トラブルに巻き込まれた飛行機が、パイロットの神業ともいえる操縦技術で難を逃れたケースは幾つかありますが、そのテクニックを飛行トラブルに活かそうという試みです。


大胆かつ慎重に操縦桿を操っていて、目を動かすことなく全体を見ることが出来るベテランのパイロットの操縦技術、経験の勘(seat of pants)を最大限に利用したものです。


研究開始から15年、今年10月、鈴木さん自ら乗り込んでの飛行実験人が行われました。

実験用航空機 MuPAL-αに人工知能を搭載し、翼のコントロール機能をわざと故障させるという、前代未聞の大実験です。


機体の左右の傾きを制御する操縦翼面(エルロン)が故障状態になると機体は大きく左右に傾きましたが、人工知能をONにすると制御が可能となり、飛行実験は見事に成功しました。


2030年までに、旅客機の運航数が現在の2倍以上に増加するとの試算があるなか、鈴木さん開発の人工知能は、全世界のパイロットの力強い味方になることでしょう。



Powered by さくらのブログ
Web Analytics