世界初の『海に浮かぶ風力発電所』で福島を新エネルギー拠点にしようと奮闘する、福田知史さん



夢の扉プラス、今回は、

世界初の『海に浮かぶ風力発電所』で福島を新エネルギー拠点にしようと奮闘する、丸紅 国内電力プロジェクト部長・福田知史さんを取り上げています。



福島第一原発から約25kmの海上に新たなエネルギー拠点、『海に浮かぶ風力発電所』が誕生しようとしています。


『海に浮かぶ風力発電所』は、

直径80mの巨大風車でこれを福島沖に浮かべ、一般家庭1700世帯分の電力を発電します。将来的には風車を増やし、原発並みの発電力を目指します。


『風の資源』と日本の海洋面積(世界第六位)をフルに活用し、日本を代表する10の企業と大学が取り組む一大国家プロジェクトです。



海に浮かぶ風力発電所を最高に有効活用する為には電気のロスを減らすことが絶対条件です。

東京大学大学院の石原孟教授による打開策は、海に浮かぶ変電所で電圧を高めて陸に送るというもの。

揺れない場所に置くのが常識の変電所ですが、石原孟教授は揺れても壊れない変電設備を開発しました。



そして、『海に浮かぶ風力発電所』が誕生しました。



これまでの洋上風力発電とは異なり、3基の風車と、世界初の“揺れても大丈夫な変電所”を海に浮かべ、その洋上変電所から1本の海底ケーブルで陸上へ送電するというものです。



計画への了解が不可欠な地元漁業関係者との交渉もクリアーし、先日運転開始の日を迎え、見事風車を回うことに成功しました。


Powered by さくらのブログ
Web Analytics