加齢黄斑変性症の治療薬を世に送り出そうと、アメリカ西海岸シアトルで創薬ベンチャーを立ち上げた窪田良さん



「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)症」に罹って失明の危機にある人が世界に1億2000万人もいます。


『眼のアルツハイマー』と呼ばれ、誰もがかかる可能性のある眼の病気の「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)症」。


「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)症」とは、

網膜の中心部にある黄斑部、特に、視機能の大半を担っている黄斑部の中心の部分の中心窩が変性を起こす疾患です。


一般的に視力検査で測る視力とは、この中心窩で捉える視力の事を指し、この部分に異常が起こると深刻な視力低下に繋がります。


視力が低下したり、暗く見えたり、物がゆがんで見えるなどの症状が有り、見たい物の中心が特に見にくくなり失明の原因となります。



加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)症の治療薬を世に送り出そうと、アメリカ西海岸シアトルで創薬ベンチャーを立ち上げたのがアキュセラ社 CEO・窪田良さん。


窪田良さんは、慶應義塾大学大学院時代に緑内障の原因遺伝子を発見し、手術の腕前も日本指折りと言われた眼科医ですが、

そのキャリアも全て投げ打ち、手持ち資金たった100万円で、創薬の世界に身を投じました。


「研究者でも医師として手術に臨んでも救える患者の数には限りがある、一気に失明の危機を救うには、新薬開発しかない」との思いで始めた治療薬開発。



留学先のワシントン大学で感じた疑問、「鳥と人の夜の目の見え方は何故違うのか?」をヒントに、

暗視カメラ視細胞を光から守る化合物を発見すること、『飲むサングラス』を作ることを目標に新薬の開発を始めます。



新薬開発は、世に出るまでには、研究期間だけでおよそ3年、臨床試験などを経てすべて合わせると12年以上かかり、

3万のトライアルがあって成功は一つと言われ、資金的にも1000億円必要とされる難事業ですが、窪田さんは果敢に挑戦し、


調達できた25億円の商品開発費で可能な期限のわずか2週間前に、暗視カメラ視細胞を光から守る化合物を発見。


開発中の錠剤はいま欧米での治験で最終段階の臨床試験を迎えています。


Powered by さくらのブログ
Web Analytics