紙ゴミからガソリンの代替燃料のバイオエタノールを作ることに成功した山田一雄さん



夢の扉プラス、今回は、各所に働きかけ紙ゴミからガソリンの代替燃料のバイオエタノールを作ることに成功した、京都市役所職員・山田一男さんを取り上げています。



山田さんは、ゴミ処理一筋27年の公務員で京都市役所でもゴミの専門家として知られています。

そんな山田さんが目指すのが『ゴミから燃料を作る』という究極のリサイクル。



現在バイオエタノールはトウモロコシやサトウキビから作られていますが、山田さんは、そのバイオエタノールを「紙ゴミから作ることはできないか」と思いつき取り組んできて今実現に向けて進んでいます。



京都市、いや、全国の都市の『都市油田化プロジェクト』、それを実現すべく、

環境省補助金交付事業として、都市油田発掘プロジェクト実証試験プラントが現在西京区の山の中に完成。山田さんはここの現場責任者です。



京都市の回収ゴミは年間約50万トンもあり、この回収ゴミから生産できるバイオエタノールは計算上約2400万リットルとなり、ガソリンに換算すると約50万台の車を満タンにできるようです。



日立造船の技術協力を得てバイオエタノールを作る実験が始まりましたが、『発酵』という壁に突き当たります。


紙ゴミをいかに発酵させてバイオエタノールにするかが一番の肝ですが、ゴミ発酵の際に不可欠な酵母菌がありませんでした。


生ごみと一緒に収集された紙ゴミには細菌がいっぱいという悪条件のため酵母菌が生きにくく、

この過酷な環境に耐えられる酵母は存在しなかったのです。


山田さんは熊本大学 発酵学の権威:木田健次教授にスペシャル酵母の開発を依頼、


山田さんの熱意に感銘を受けた木田教授は研究を重ね、2年後ついに新たなスペシャル酵母を開発しました。

それはゴミの中にあるあらゆる細菌に負けないタフな酵母です。


スペシャル酵母は凝集性があり一つにまとまりやすいため回収がしやすく何度も再利用ができる優れ物です。


都市油田発掘プロジェクト実証試験プラントで熊本大学・木田教授も参加しバイオエタノール生成実験が開始されました。


紙分別装置から始まり、脱水機、反応槽と作業し抽出した紙ゴミパルプに酵母と酵素を投入し発酵させます。


蒸留塔で加熱し、気化したバイオエタノールを取り出すとウイスキーの香りがし、実験結果は大成功です。



生ゴミから出来たバイオエタノール、今、京都の世界遺産の二条城をライトアップする灯籠の燃料として使われています。


ゴミを燃料に走る車が登場する映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の世界、それが現実のものになるのは意外と近いかも知れません・・・。



Powered by さくらのブログ
Web Analytics