『カイハラデニム』を世界に知らしめた貝原良治さん



夢の扉プラス 今回は、世界最高峰のデニム生地生産会社・カイハラ(株)会長の貝原良治さんを取り上げています。


日本人のはいているジーンズのうち2本に1本が福山市のカイハラで作られているもので、

シャネル、EDWINなどアメリカ、ヨーロッパ、東南アジアの20数ヶ国に輸出し、海外輸出量トップを誇る名実共に世界的デニムメーカのカイハラ、

今や『世界が貝原のデニムを求めている』というまでの存在になっています。



カイハラでは、車一台が通るのがやっとの山道を超えた先にある大きな工場に織り機400台を稼働させて一からデニムを作っていて、紡績・染・織り・仕上げの全てを日本人が行なっています。

そしてその工場で、貝原さん言うところの『メイドインジャパン・バイジャパニーズ』のデニム作りを行なっています。



カイハラの一番のこだわりは『藍』(インディゴ)に集約されるといっても過言ではありません。カイハラデニムが世界で愛されている背景にはその『藍』(インディゴ)があります。


カイハラでは備後絣の藍染めを行なっていて、幾度も繰り返される『染め』を経て生まれる『味わい深く力強い藍色』がカイハラの最大の魅力です。

そして芯白といって糸の周りだけを染めて中心は白いまま残す技術にも長けています。この技術があればこそ、着ているうちにあえて色落ちさせることが出来るのです。



ちなみに、ウオッシュ加工やダメージ加工を日本で最初に始めたのはカイハラで、又、男女兼用だったジーンズの世界にファッションとしての女性用ジーンズを定着させたのもカイハラです。



2012年3月12日、第42回 繊研合繊賞授賞式が行われ、カイハラはマーケティング賞を受賞しました。

Moist BREATHE Denim(呼吸するデニム)やMOTION FIT DENIM(新着感デニム)などの一連の合繊デニムの開発と販売が受賞につながったようですが、年間1000種類ものデニムを開発しているカイハラだからこその受賞です。



そして貝原氏は繊維業界の活性化の為、銀座の街でデニムの路上ファッションショーを開催し大成功を納めました。

銀座で行われたデニムの路上ファッションショーには、織田ファッション専門学校生が自分で作ったデニム製の服を着て参加しましたが、貝原さんはこれらの学生に数年前から無料でデニム生地の提供も行なっています。


日本発のジーンズ文化を世界に広めるため、貝原氏は今後も活発に活動を続けることでしょう。






Powered by さくらのブログ
Web Analytics