中井松幸 『足に障害を持つ人のためのオシャレな靴を作りたい』 

「私の祖父はいつも私に言っていたものです。
今日頑張ったごほうびに明日がやってくると・・・。」

という、

宮沢 りえさんの素敵なナレーションで始まる 
夢の扉 〜NEXT DOOR〜



あらゆる業界・ジャンルで「未来の夢」をめざす
人・グループ・プロジェクトに密着するドキュメント番組

夢の扉 〜NEXT DOOR〜


今回は、夢の靴を作る靴職人の物語です。

『足に障害を持つ人のためのオシャレな靴を作りたい』  

中井松幸


中井さんの作る靴は 「魔法の靴」 と呼ばれています。

それは、
中井さんの作った靴を履くと、

「病気で歩けない人が自分の足で歩けるようになる」 
からです。

実際番組の中で、
車椅子で生活していた人が歩けるようになり、
ついには走れるまでになっていました。


兵庫県 神戸市にある 『注文靴の店 中井』

わずか四畳半の小さな店ですが、この店の一番の特徴は、

注文する方の約80パーセントが足の不自由な人であること!!


最近は、外反母趾になる女性が増えています。
外反母趾もひどくなると歩行不能にまでなってしまいますね。

そんな 「外反母趾で困っている方のための靴」 や、

重度の障害を持ち、足の感覚が全く無いため一人で歩けない
方には、

「靴底と足首をL字型に固定した靴」 を作り、歩けるように
したり・・・

とにかく、
今まで歩行不能と言われている方を見事に歩けるようにして
います。

又、病気のために左右の足の長さが違ったり、左右の足の
大きさが極端に違ったりしている方にも、

自然な感じで歩ける靴を作ってあげています。


そして、
『注文靴の店 中井』  の靴の大きい特徴は、

その出来上がった靴がファッショナブルでかっこいいこと。

又、
外見からは、特別な靴を履いているということが全く
わからないこと。



中井さんの願いは、
みんなに足を隠すことなく堂々と出して歩いて欲しいこと。


4歳で靴職人のお父さんを亡くした中井さん。
14歳で靴職人の道に。

そして、
18歳の時に初めて足の障害を持っている方の靴を作ります。

今では、 「現代の名工」 にも選ばれている中井松幸さん。


彼の店、 『注文靴の店 中井』  にはいつも笑顔が
あふれています。

もちろん、歩けるようになった方そしてそのご家族の笑顔
ですね。


最後に、
ドリームナビゲーターの遠藤みずきさんが質問しました。


「お客さんの生きる喜びにつながるからこの仕事をされて
いるんですね?」


中井さん強く否定しました。

「イヤ、違う。 私が嬉しいからやっているんです!!」


       
       【中井松幸さんのマイゴール】

 『誰もが、おしゃれして、一歩でも多く、歩いて欲しい 。』
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4411020

この記事へのトラックバック

トラックバック失礼いたします。m(_ _)m
Excerpt: 初めまして、いつも楽しく拝見させていただいてます!^^ 実はこの度、 『外反母趾を手術で治療せずに改善する方法!』 というサイトを立ち上げましたので トラックバックをさせて頂きました。m(_ ..
Weblog: 外反母趾を手術で治療せずに改善する方法!
Tracked: 2010-06-12 00:34
Powered by さくらのブログ
Web Analytics