民泊を観光の目玉に観光客を誘致し、小値賀島再生に奮闘する高砂樹史さん。

夢の扉〜NEXT DOOR〜  今回は、普通の農家や漁師の自宅を利用した民泊を観光の目玉に観光客を誘致し、小値賀島再生に奮闘する高砂樹史さんのドキュメンタリーです。


小値賀島は、長崎県の五島列島の北端にある小さな島ですが、年間100人も人口が減少するという急激な過疎化が進み、現在の人口は約3000人にまで落ち込んでいます。

その小値賀島の魅力に引き付けられ6年前から家族で移り住んでいるのが高砂樹史さんで、住んでいるうちに小値賀島再生の必要性を感じ、一人で始めたのが観光客誘致。

そして、高砂産は今、フェリーターミナルの小値賀島アイランドツーリズム協会の中心となって小値賀島のアピール活動をし、観光客誘致活動を行っています。


高砂さんは、自らセールスマンとなり、昔からある小値賀島の景観や自然を売り物に、目玉として『民泊』を打ち出し観光客の誘致に頑張っていますが、その甲斐あって今では年間一万人の観光客が訪れるまでになりました。


番組では、福岡の学習塾『英進館』の課外活動としての小値賀島民泊の様子を取り上げていましたが、

塾生は、塾や学校、小値賀島の生活で日頃は学べないことを知ることが出来、新鮮な刺激を受けているようでした。


一泊6300円の民泊ではその家族の一員として生活し、農業や漁業などの民泊先の仕事を手伝い、食事の支度を一緒に行い、家族全員で食卓を囲む生活です。


そして、高砂さんが積極的誘致活動しているのが『修学旅行』。

今は海外旅行も多くなった修学旅行ですが、たとえば、上宮太子高等学校では修学旅行先をドイツと小値賀島の選択性にするなど、2009年度は4校が修学旅行で小値賀を訪れています。


高砂さんや民泊を受け入れる約50軒の農漁業関係者の努力で、小値賀島の観光客も増加し、今では年間一億円の観光収入をもたらすまでになりましたが、いかんせん、民泊ではなかなか新たな雇用につながりません。


そこで、高砂さんが雇用対策として新たに打ち出したのが『古民家プロジェクト』。

『古民家プロジェクト』は、小値賀島には築100年以上の古民家が使われずに放置されていますが、その古民家を改築し、宿泊施設やレストランとして活用しようというもので、

小値賀島の人口減少・少子化に歯止めをかけ、新たな雇用を産み出す作戦です。

『古民家プロジェクト』のターゲットは、『旅なれた大人の女性』で、2010年9月から『古民家プロジェクト』始動します。



【夢の扉〜NEXT DOOR〜  010年7月4日放送】
『離島ならではの素朴なもてなしで観光業を成立させたい』
ドリームメーカー/高砂樹史 ナビゲーター/大櫛エリカ

【高砂樹史さんのマイゴール】
『心に残る島を、次世代に引き継ぐために2015年までに、島に雇用を50名つくりたい』


 

























Powered by さくらのブログ
Web Analytics