節電 そのニ

【節電の為の「イニシャルコスト」、「ランニングコスト」、「メンテナンスコスト」】

「節電コンサルタント」森 幸一氏が代表を務めるグリーンユーティリティは、元々、名古屋大学高温エネルギー変換研究センター長であった、故新井紀男教授を中心にして、電源開発、住友商事、大阪ガス、川崎製鉄、濱田重工業、日本IBM、東洋テクニカの、産学協同で、グリーン(環境)ユーティリティー(電気、水道、ガス)の研究を行ってきた会の名称。 その成果の具現化を目指す企業として、2003年に株)グリーンユーティリティ(Green Utility)が設立されたようです。

個人の家庭での節約だけではなく、大きな企業も電力費等の節約に取り組んでいるようですね。経費削減はもちろんですが、地球温暖化が加速している今、地球環境を守る面からも余計なエネルギーや資源は出来るだけ少なくしていこうという動きがありますらら・・・。

森 幸一氏は又、「資金のいらない節電」も提唱しています。つまり、安く出来た電気料金から、ある一定の割合をもらう成功報酬というものです。「節電コンサルタント」 森 幸一氏の出番は今後も増えて行く事だと思いますが・・・森 幸一氏、節電を考える時に一番大事なことは、初期投資にかかる「イニシャルコスト」だけに目を奪われずに、維持・消耗品費にかかる「ランニングコスト」や「メンテナンスコスト」などを含めて総合的に考える事だと言っています。

       【資金のいらない節電】


━━━━━━━━━━━━━━━━

【電気料金削減による省エネ】

省エネによるコスト削減に関して最近一番世間の関心を呼んでいるのが電気料金のコスト削減ですね。今は常識になりつつありますが、「暖房の設定温度は20度」、「冷房の設定温度は28度」という具合に、節電に関しての知識を入れるだけではなく確実に実行するための方法を模索しているようですね。

実はこれほど節電によるコスト削減が注目を浴びているのには訳があります。それは、最近大きくクローズアップされている地球温暖化の問題と節電によるコスト削減が大いに関係しているからですね。水力発電、風力発電、太陽光発電、原子力発電、火力発電と電気を作る方法は色々ありますが、今日本で1番多く電気を作る発電方法は「火力発電」で全体の約60%をも占めているようです。


火力発電は石油、石炭、天然ガスを燃やして発電していますが、燃やした時に地球温暖化の元凶と言われているCO2(二酸化炭素)を多く排出します。つまり私達が電気をたくさん使えば使うほどCO2(二酸化炭素)をより多く排出し、地球温暖化が進んでいく事になるんですね。地球温暖化と節電大いに関係がありますので、家庭でのささやかな節電も大きな意味がありますね。ちなみに、クールビズを実施すると、体感温度は2℃さがります。また、冷暖房兼用エアコン1台あたりでは、冷房の設定温度をあげるよりも暖房の設定温度を下げるほうが、削減効果があるそうです。

      【暖房20度冷房28度】
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27194799

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Web Analytics