出産育児一時金は必ず貰いましょう。

夢の扉、

今回は日本初の24時間認可保育園の園長片野清美さんを取り上げていましたが、

(24時間?)保育園の潜在的待機児童が20万人もいると言われている今、24時間保育園の果たす役割は大きいものがありますね。


実際、夢の扉〜NEXT DOOR〜の番組内でも専門料理店を営んでいる主婦が背中に子供を背負ったりしながら働いている様子が放送されていました。(確か今二人の子供をエイビイシイ保育園に預けていて、一番下の子供が待機中)


夢の扉では、先ほどのような飲食店経営者や、公務員の方が紹介されていましたね。

働く女性にとっては有難い存在の24時間保育園ですが、無認可保育園でしたら24時間保育園はありますが、認可された24時間保育園は全国的にも大変貴重で、今現在全国でも、宮崎・石川・大阪・滋賀・鳥取ぐらいしか無いようです。

ちなみに、2009年の4月に世田谷に24時間認可保育園が出来るようですが・・・。

経済的負担の面からも働く女性にとって貴重な24時間認可保育園ですが、

保育園に預ける前に、出産以降申請することによって受け取る事が可能なお金がありますので、ここに書いておきます。


まずは、健康保険に入っている人全てがもらえる出産育児一時金。

保険適用外の出産(自然分娩)に付き、申請して、後日、出産育児一時金として1児あたり35万円が支給されます。

これは、出産は病気ではないということで、出産に健康保険が適用されないために設けられている制度ですから、手続きを行い、確実に貰うようにしましょう。

出産育児一時金の申請には出生の証明が必要ですので、基本的に手続きは出産後に行います。

母子手帳と健康保険証を持って、近くの役所にて手続きして下さい。(続きます)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25507963

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Web Analytics