変形性ひざ関節症の方に朗報。佐喜眞保さんのCBブレース。

夢の扉、今回は膝の痛みで困っている方にとっては最高の内容ですね。

変形性ひざ関節症、あなたの回りでこの病気で困っている方はいませんか?


変形性ひざ関節症は膝の軟骨が磨り減り歩く時に激しい痛みを伴い歩行困難になる病気です。


変形性ひざ関節症による膝の痛みは毎日の生活に大きく影響を与えるようです。


歩行時に痛みが伴い杖なしでは歩けない方や、階段の上り下りの際に膝に痛みが出て、何かにつかまらないと歩けない方などは、
変形性ひざ関節症と思ってまちがいないでしょう。


変形性ひざ関節症は老化や、激しい運動をした場合などに起こりやすいので、誰でもいつかかかる病気だと思ってもいいかも知れません。


今現在全国で1200万人が悩んでいると言われている「変形性ひざ関節症」。


その「変形性ひざ関節症」による歩行時の痛みを解消し、自力での歩行を可能にしているのが、

沖縄県・宜野湾市に住む株)佐喜眞義肢の佐喜眞保さんです。

もしあなたが今変形性ひざ関節症で悩んでいるとしたら、佐喜眞保さんの名前は覚えておいた方がいいでしょう。


佐喜眞保さんは義肢装具士です。佐喜眞保さんの作り出す装具は『奇跡を生む魔法の装具』と呼ばれています。


なぜ佐喜眞保さんの作り出す関節装具が膝の痛みを解消し、杖なしでも歩けるようにする事が出来るのか?


変形性ひざ関節症による膝の痛みは膝の骨がずれている事により起こりますので、その骨のずれを元の位置にもどししっかりと固定してやります。

佐喜眞保さんの装具はCBブレースと呼ばれていますが、CBブレースの大きな特徴は膝の部分を押さえる力が強くぐらつきが起きない事。

そして軽い事です。

ですので、歩く事に困っている方が痛みが起きない状態で軽い装具で膝を固定出来るので、すんなりと歩き始められると言うわけですね。

しかも素晴らしい事に、CBブレースを使って歩行訓練を続けると、約3ヶ月で関節症が解消し自力での歩行が可能になるようですね。

歩く事によって膝に筋肉がついてきて軟骨をカバーするようです・・・。


あなたが膝の痛みで本当に困って沖縄の佐喜眞保さんを訪れたとします。

まず最初に佐喜眞保さんと一緒に整形外科に行って膝の状態を詳しく調べてもらいます。

佐喜眞保さんがあなたの両方の足型(太ももから下全部)を取ります。

あなたの膝の状態をはっきりとふまえたうえであなただけの装具・CBブレースを作ります。

実際にあなたの足にCBブレースをつけてみて歩いてみる。

歩いた感じで少し違和感があるところを微調整する。  という具合ですね。


浅香光代さん。大衆演劇界の大御所ですが、彼女も20年来変形性ひざ関節症をわずらって困っていました。

浅香光代さんは今70代ですので50代のころから膝の痛みに耐えているんですね。

浅香光代さんは変形性ひざ関節症の最重症というものらしいです。

膝がまっすぐ伸びない。   膝を曲げる事が出来ない。

膝のクッションの役割を果たす軟骨がほとんどない。

色んな動きをする時はもちろん、立っているだけでも膝に痛みが走る。

浅香光代さんは今まで色んな膝の治療をやってきたようです。
今現在行っているのがヒアルロン酸注射。

ヒアルロン酸注射も一時しのぎにしか過ぎず、毎日の階段の昇り降りは人の手を借りています。

でもさすが役者根性。舞台に立っている時は膝の痛みは微塵も感じさせません。


重症の膝関節症で困っている浅香光代さんが佐喜眞保さんを訪ねたのですが、佐喜眞保さんの説明を聞いている浅香光代さん、最初は半信半疑という感じでしたね。

というか、不信感一杯というのが顔にはっきりと表れていました。

その浅香光代さん、佐喜眞保さんが一晩で作ったCBブレースを膝に装着し、見事に階段を登り降り出来ました。

もちろん、誰の手も借りずに!!

いやー、浅香さん嬉しそうでしたね。CBブレースで歩けるようになった方全て本当に心からの笑顔を見せていましたね。

その笑顔が見たくて佐喜眞保さんは今の『義肢装具士』という仕事をやっているようです。


夢の扉、今回の『軽量間接装具で関節症を矯正していきたい』を見ていて気が付いたのですが、佐喜眞保さんは本当に謙虚な人ですね。

CBブレースで歩けるようになった方の感謝の言葉に対して、『ありがとう』と答えていました。

佐喜眞保さん、3歳の時に背骨が変形し身体に障害を負ったそうです。その障害を克服し今があるようで、

身体の不自由な方の気持ちが手に取るようにわかるのはもちろん、その不自由さが解消された時の喜びも実感できます。

『身体が不自由な方のお役に立てて本当に嬉しい』
その気持ちから来る謙虚さですね。


余談ですが・・・

沖縄県・宜野湾市の株)佐喜眞義肢の佐喜眞保さん。
80才を越える母のためにも覚えておく事にします。


       【佐喜眞 保さんのマイゴール】

『膝の痛みを抱えている人達に、自分の足で歩く喜びを取り戻して欲しい 』


2月10日放送  『軽量間接装具で関節症を矯正していきたい』
 
佐喜眞 保       ドリームナビゲーター:川瀬良子


追伸)

ハートウオーカーっ聞いたことがありますか?

ハートウオーカーは、
イギリス製の『手を使わなくても歩ける夢の歩行器』です。

みのもんたの「朝ズバッ!!」で紹介していました。

ハートウオーカーの値段は一台85万円。

使いたいけど値段が高くて手が出せなかった少女が、岡本尚夫妻のハートウオーカー55台寄付の恩恵で、

念願のハートウオーカーを手に入れることができたという話題でした・・・。


この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10763754

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Web Analytics